人生を幸せにするのは年収?お金じゃ買えない幸せな人生とは

人生を幸せに生きることは簡単ではないです。

一度の人生ですから、誰しも人生をより良いものにしたいと思っています。

多くの人間がいる中で、思い描いた人生を送っている人間もいれば、残念ながらそうならない人間もいます。

皆さんも自分の人生について、一度は考えた事がありますよね。

この両者の違いってなんなのでしょう?

今回は幸せな人生にするために知っておくべきことについて解説します。

人生を幸せにするにはお金が必要

世の中では、幸せな人生 = お金という事をよく耳にします。

また、お金があれば好きな事を好きな時に出来る。

行きたいところに行けるなど、自由を手にできる。これはある意味本当です。

人生において貴重な時間すら、お金の使い方によっては買うことができますので、お金を上手に使う人は、その他大勢よりも多くの時間を手に入れることができるという事です。

では、人生を幸せにするためにはいったいどれほどのお金が必要なのでしょう。

人生で得られる収入はいくら?

会社員の所得でいうと生涯でもらえる給料は2億円程度が一般的です。

会社員の収入を多いと感じるかどうかですが、意外と多いと感じるかもしれません。

もちろん結婚して夫婦共働きだともう少し収入が増えます。

定年後はここに年金がプラスされ生涯収入は3億円近くになるわけですが、今の日本は少子高齢化でこのままいくと将来年金制度がどうなっていくか不透明ですので、今後はあまり大きな期待はできません。

これまでは年金による安定した生活があったかもしれませんが、今後は老後に備えて、若いうちからも将来のことを考えたお金との付き合い方が必要になってきています。

現在でも、ほとんどの家庭でそれほどお金に余裕があるとは感じてないのが現状です。

というのも支出を見たとき、結婚して子供がいる家庭で、マイホームを購入し、子供を大学に入れる。

そんな一般的に思い描く家庭では、実は収入とほぼ同額の支出がかかっています。

つまりほとんどの人は、好きな事をして、好きな物を買って、お金で自由を手にする!

そんな生活にはならないという事です。

お金の使い方が大事。上手なお金の使い方

お金で人生は変わります。自由も手にできます。

しかし、わかっているのにほとんどの人がそうはならない。

それはお金の使い方に問題があるからです。

では、支出の中で何にそんなにお金を使っているのでしょう。

会社員の方なら、毎日のお昼ごはん、たばこを吸う方ならたばこ代、金曜日に飲みに行く。

休日の趣味や遊びに使うお金。毎月買い物に数万円。だいたいこんな感じでしょうか。

最近だとソーシャルゲームで課金しているなんて方もとても多いですね。

もしも、あなたが人生を幸せにしたいのであれば、まずはお金の使う目的を明確に定めるべきです。

趣味や遊び、飲み会、同僚や上司との付き合い、こういったことも、確かに大切で全くのゼロにするのは難しいかもしれません。

しかし果たしてこれらが明るい未来に繋がっているでしょうか?

その場限りの一時的な楽しさであるなら、それはすぐにでも無くすべきです。

その時はよくても、先の将来には全く無意味だからです。

無駄なお金は極力使わないようにし、将来につながることに投資をしていくという考えを若い時から意識することが重要です。

それが、将来自分の目的を実現するためのお金であれば、それは素晴らしい投資になるでしょう

人生を幸せにするのはお金だけではない

ここまでは、幸せな人生に必要なお金についてお伝えしました。

確かにお金は必要な要素です。しかもこれからは、将来を考えた計画的なお金の使い方も必要になってくる時代です。

これまで以上に金持ちと貧乏との格差が発生してもおかしくありません。

せめて安定した生活が送れるくらいのお金を準備しておきましょう。

では、お金はこの世のすべてなのでしょうか?

次に幸せな人生はお金だけで決まるのか?です。

そこで、イメージしていただきたいのですが。

あなたは欲しいものは全て買うことが出来、食べたい物もすぐに手に入ります。

行きたいときに好きなところに行ける。

そんな状態だとイメージしてください。

いかがでしょうか?

そんな環境だったら、すごくいい生活ですよね。

では、その先はどうですか?何にお金を使いましょうか?

・・・・。

皆さん、この後のお金の使い道は浮かびますか?恐らくほかに何かしたいと思った行動があると思うのです。

こんな会社を経営したい!とか、自分のお店を持ちたい!とか、慈善活動をしたい!とか人によって様々あると思いますが、それこそお金だけではない要素なんです。

ただ、好きな物を買う、好きな物を食べる、好きな所に行けるとしても、それだけではきっと満たされない何かがあると思います。

人は極度の貧困で、生きることすらままならない環境で、家もなく、食べ物もない、頼れる人も誰もいない。

そんな状態であれば恐らく自分は不幸だと感じるでしょう。

しかし、日本もそうですが、ある程度生活のインフラがあり、毎日を問題なく生きることが出来る。学校に行くことが出来、勉強が出来る。

そして自分で収入をもらい、生活できる。

そのような環境下であれば、欲しいものが買えるお金があるとか、仕事に追われずに家族と過ごす時間があるとか、行きたい場所に旅行に行けるとか、

今より少しの余裕ある生活があれば、人生への満足度はきっと上がると思います。

実際に、富裕層の人間もある程度を境に、収入が上がっても、幸福度は上がらなくなるという研究結果もあります。

では、少しの裕福な生活と、何があれば幸福度は高まるのでしょう。

幸せな人生が実現するために重要な3つの事

人生をより幸せな人生にするためには次の3つを満たす事です。

  • 楽しい人生にする
  • 夢中になれる人生にする
  • 意味を残す人生にする

楽しい人生ですが、これは生きている今この瞬間が楽しいとか、うれしいとかによって幸せを感じているという事です。つまり喜びや快楽です。

例えば、美味しい物を食べた時や、美しい景色を見た時、かっこいい音楽を聴いている時などに身体的に感じる、味覚や聴覚、触覚、視覚などから得られるもの。

あとは、スリルや高揚感、興奮、痛快など内面的なものがある。

人はこれらからポジティブな感情を増やすことが出来、そうすることで今この瞬間がとても価値ある時に感じることになる。

楽しい人生が、その時の一時的な持続性がない快楽の幸せなのに対し、夢中になる人生や、意味を残す人生は、それとは異なり人生の充足感に繋がる部分となります。

次に夢中になれる人生についてです。

あなたは、幼いころ、時間を忘れるくらい夢中になって遊んだ経験はありませんか?

何かに夢中になっている時、時間も、周囲の視界も忘れて気付いたら夕方になっていたなんて事がたまにあるのではないですか。

仕事でも、資料作成やなにか調べものをしている際など、一日がやたらと早く感じたりします。

それは、そのことに没頭しているため、意識が欠落している状態でそのことに気付かないのです。

こういった時間は、その時だけでなく、思い出としても残りやすい。

また、充足感、つまり自分自身が満たされているという感情に繋がります。

そして意味を残す人生です。

これはマズローの欲求階層説でいうところの自己実現の部分になります。

人間には誰にも強みと弱みがあります。

仕事でも弱みを克服することに対して、意識がおかれたり、上司からも指導されたりすることが多いように感じます。

夢中になる人生や、意味を残す人生は自分の強みを発揮する事で、実現することが出来ます。

なぜなら、好きな事や、得意な事のほうが伸び伸びと取り組めるのは言うまでもありません。

自分の強みを活かし、より大きな存在に対して貢献することで、自分の人生はとても意味のあることをしている。誰かの役に立っている。

そういったことで本当の充足感を得ることが出来るのです。

これらはやはり単にお金が沢山あるというだけでは、なかなか満たされない感情でしょう。

巨万の富を得た実業家の多くが慈善事業への多額の寄付を行うのはこういった理由なのかもしれません。

より幸せを持続させるために

幸せな人生にする為に、楽しい人生夢中になれる人生意味を残す人生、という3つの要素をお伝えしました。

そして3つの要素から得られる充足感を、より継続して持ち続けるために必要な事をお伝えします。

まずは、1つ目は達成実感を得る事です。小さな目標でも構わないので、達成する喜びを感じる機会を作りましょう。

目標の達成は夢中になれる人生や、意味を残す人生につながります。

そして2つ目は周囲との関係性を大事にすることです。

あなたが過去の思い出の中で、本当に楽しかった思い出は何ですか?

そこには必ずと言っていいほど、横には自分以外の誰かの存在があると思います。

周囲の人がいれば、楽しい人生の機会が増えます。そして誰かの為にという強い思いにもなります。

仕事においても自分ひとりで出来ることは意外とわずかだったりします。

周囲の人がいてこそ、大きな成果が出せるわけです。

  • 達成実感を得る
  • 周囲の人との関係

まとめ

今回は人生を幸せにするには何が必要なのかについてお伝えしてきました。

幸せな人生にお金は必要です。なんでもすぐに使ってしまう浪費家では、未来に繋がる投資が出来ません。

目先だけではなく、未来に繋がる正しいお金の使い方を考えましょう。

そして、お金だけでは幸せな人生にはなりません。

楽しい人生、夢中になれる人生、意味を残す人生。そしてそれを持続させる為の、達成実感、周囲との関係性があることで本当の充足感を生み出すことが出来るのです。

何よりも、自分には必ず強みがあり、それを伸び伸びと発揮できる事が一番大事です。

自分の得意な事、好きな事を活かせる環境に身を置き、心おきなく自分という存在を発揮してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です