仕事の失敗から成長する人の特徴。成長する人ほど後悔もする。

仕事での失敗で、今現在も後悔してる事ってありませんか?

忘れようとしてもなかなか断ち切れない事ってありますよね。

では、失敗を繰り返さない為にどうしたらいいか?
それはあなたの仕事の習慣を変えることです。

仕事を計画的にすることで後悔で苦しむことなく過ごせます。
なぜなら、後悔してるのはその行動自体ではなく、

あまり考えてなかった事や、考えが甘かった事に対して感じるからです。

この記事では、仕事で失敗した時の後悔への対処法から、

仕事で後悔しない為の計画について解説します。

記事を読み終えると、後悔なく仕事でよりチェレンジ出来るようになります。

仕事で失敗は必要

仕事において、誰もが初めは知識や経験がない状態です。

当然失敗はつきもので、初めから全く失敗しない人はいません。

あの時もっとこうすればよかったのに。。。

そんな経験は誰でも持っています。

仕事で失敗という経験を積んでいくからこそ、より生産的な仕事へと成長することが出来ます。

なぜなら、人は順風満帆な時ほど、落とし穴に気付かないからです。

そんな時ほど足元をすくわれることが実は多いです。

仕事においても失敗からの方が、結果として沢山の事が学べます。

それは失敗という結果を得られるからです。

何も問題ない時は、はっきりとした結果が見えにくいです。

失敗に向かっていることにも気づかない為、失敗して初めて物事の良し悪しが顕在化します。

失敗は確実な経験値になるため、あなたの仕事を判断する視野を広げてくれます。

後悔しない人生よりも、失敗した数が多い方が人間としての経験値が増え、

より良い選択が出来るようになるでしょう。

失敗して後悔すること自体を恐れずに、成長の機会だと思って何事もチャレンジしましょう。

後悔によって考えることが大事

楽観的は後悔を生み出す

あなたの周りにあなたの失敗を慰めてくれる人はいませんか?

起きたことはクヨクヨしないで次頑張ろう!というアドバイスをくれる人です。

その人なりの優しさで言ってくれていると思いますので、気持ちだけは受け取りましょう。

しかし、このアドバイスには重要な点が抜けています。

『失敗の原因を考えろ!』というメッセージです。

なかなか落ち込んでいる人に対して、今後失敗しない為に『原因を徹底的に考えろ!』

とは言いにくいですからね。

失敗を無かった事のように忘れるような、楽観的な考えは危険です。

そこには学びは無く、また同じ失敗を繰り返す羽目になります。

もしもあなたが、友人や同僚からのアドバイスによって、

『そうだね、嫌なことは忘れよう』と、飲みに行ってパーッと忘れる。

そんなリセットをしているなら、これからも後悔はなくならないでしょう。

楽観的に忘れるではなく、どう改善していくかを前向きに考えましょう。

失敗の原因と改善策を具体的に考える

では、失敗したことに対して、どのように対処していけばよいかですが、

結論は、”起きた失敗はとことん後悔した方がいい”です。

なぜこんな事をしたのか?なぜあんなことを言ってしまったのか?

を考え、二度と同じ失敗は繰り返さない!と何度もその情景を思い浮かべることです。
そうすることで、あなたの失敗は、成長につながる経験へと変わります。

効果的に振り返りを行う際のポイントをご紹介します。

ポイントは3つです。

・失敗した原因を明確にする

・改善策を具体的に考える

・成功イメージを何度もロープレする。

失敗した原因を明確にする

これは、言い換えると”自分に足りない能力は何だったのか?”を具体化するという事です。

失敗した原因は、自分のどのスキルに課題があったからなのか、まずは棚卸してみましょう。

例えば、商談でうまく話がまとまらなかったのであれば、交渉力やプレゼン力に課題があるでしょうし、

後輩のモチベーション低下が原因で退職してしまったのであれば、マネジメント力やコミュニケーション力に課題がある。

このようにスキルに分解して考えると、改善策も立てやすくなります。

改善策を具体的に考える

後悔するくらいの失敗であれば、改善策をしっかり立てましょう。

足りないスキルが明確になれば、次はどういった行動でスキルレベルを上げていくのかを計画しましょう。

失敗を活かすには、その後の行動にしっかりと繋げることが重要です。

改善策を実行していくことで、あなたは確実に成長のステップを歩むことができます。

成功イメージを何度もロープレする

失敗した時の事を思い浮かべ、”あの時こうすれば良かったはずだ!”

というイメージを何度も反復しましょう。

これは重要な事で、ロープレ同様に何度も練習することができます。

繰り返し良いイメージを描き、失敗したこともポジティブに考えられるようにしましょう。

失敗する人ほど、こういったプロセスを行うことで、

やってはならない事を経験の中から学んでいきます。

失敗があるからこそ、決断の選択肢が広がり、結果としてより成果を出せる人に近づいていけるのです。

後悔しない為の対処法

失敗は誰もが経験する事であり、失敗の中から成長に繋げていくことが重要という話をしてきました。

この章では、失敗はしても後悔は極力生み出さない為の方法をお伝えしていきます。

失敗と後悔との違い

まずは失敗と後悔とは違う事を確認しましょう。

失敗とは挑戦した結果です。

やり方が間違っていたり、目的が達成できなかったりと、

やってみて、そこから得られた結果です。

では後悔はどうでしょうか。

後悔は悔やむことです。もっとこうすれば良かったなどと思うことです。

失敗と後悔は、悔いが残らずにやりきるかどうかが大きな違いです。

結果は失敗だとしても、自分自身がやりきったと感じるものに後悔はないでしょう。

仕事の具体的な計画をする

では、悔いが残らないというのはどうやって実現できるかを見ていきましょう。

後悔を生まない仕事には、しっかりとした計画と実行が必要不可欠です。

あとで後悔するのは、やることが明確になるまで考えられていなかったり、

そもそもあまり考えることに時間をかけていなかったりする為です。

ある程度時間を割いて明確な計画を作ることは、

その後の行動が迷うことなく実行できるというメリットがあります。

後々、『もっと考えて行動するべきだった』ということにならないように、

はじめにしっかりと計画を立てましょう。

計画を立てる際のステップです。

・目的を考える

・目標(ゴール)を設定する

・タスク考える

目的を考える

あなたが仕事をする上で大切なのは、あなたの仕事が組織の目的に繋がっていることを認識することです。

まずは、あなたの仕事の目的を明確にしましょう。

あなたの仕事が、あなたの上司や会社にどう影響しているのかを考えることです。

目標(ゴール)を設定する

あなたの仕事の目的がわかったら、次は目標を考えます。

これは『SMART』から当てはめて設定するといいですね。

SMART

・Specific(具体的に)

・Measurable(測定可能)

・Achievable(達成可能)

・Related(会社の目的との関連性)

・Time bound(期限)

適切な目標の設定が、PDCAサイクルを実行するうえでも重要になってきます。

難しいようなら、初めは埋められそうな項目だけでもいいので、

この観点で目標設定してみましょう。

タスクを考える

最後は、目標達成するために実際にやる行動を考えましょう。

それがタスク決めになります。

これは仕事の抜け漏れを防ぐことや、次にやることが明確になることで、

仕事をスムーズに進めることが出来るなどのメリットがあります。

これらは仕事の下準備として、仕事に取りかかる前にしっかりと設定しましょう。

まとめ

今回は仕事での失敗による後悔についてお伝えしました。

もう一度内容をまとめます。

まず、失敗は成長する為には必要な事です。

失敗により、自分自身に足りないことが明確になり、

改善に取りかかる事が可能になります。

失敗を振り返る際は、次の3つを意識してください。

・失敗した原因を明確にする

・改善策を具体的に考える

・成功イメージを何度もロープレする。

これらを考える事で、失敗から成長に繋げていくことが出来ます。

また、同じことを繰り返さない為に、後悔からはとことん学ぶことが重要ですが、

そもそも後悔する人生を変えていくためには、仕事の計画性が大事になります。

計画を立てる際のステップは次の3つです。

・目的を考える

・目標(ゴール)を設定する

・タスク考える

これらを仕事に取り組む前に実施し、後悔なくやりきったと思える仕事を増やしていきましょう。

後悔とは別に、多くの成功体験を積むことであなたの自信にもなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です