登山(ハイキング)で子供の虫除け対策はどうする?これで安心!簡単ノウハウ


登山やハイキングなど、自然の中で子供と一緒に過ごす時間は格別ですよね。
楽しく過ごして、子供にも自然を好きなってもらいたいものです。

春から夏のレジャーシーズン、そんな親の心配事は子供の『虫刺され対策』です。
お子さんの肌が弱くて、普段から虫刺されで腫れやすい場合は特に不安ですよね。

子供の頃に虫で嫌な思いをすると、その後もずっと虫嫌いになったり自然が嫌いになってしまうことって多いんです。

そんな虫除けの悩みを解消する効果的な手段は次の2つです。

1.虫を寄せ付けない対策をする
2.虫に刺されない対策をする

子供の虫刺されで悩む事なく、ハイキングを家族で過ごす最高の思い出にしてください。

登山で子供の虫除け対策 ①虫を寄せ付けない

1つ目の対策は虫を寄せ付けない事です。

登山やハイキングで注意が必要な虫のリストと対策一覧です。


虫を寄せ付けない方法はとても簡単!
次の2つをすることです。

・虫が嫌いな成分を使う
・虫が寄ってくる色を避ける

虫が嫌いな虫除け成分『ハッカ』


虫を寄せ付けない対策として効果的なのがハッカ成分です。
ミントと言った方がイメージしやすいでしょうか。

ハッカは多くの虫の忌避剤として使えます。

ハッカが効果的な虫
蚊・ブヨ・アブ・蜂・マダニ・ヤマビル

使い方は簡単です。
ハッカ油を水道水で薄めて使用します。

ハッカ油と水が混ざりにくいので、エタノールを使用するとハッカ油が水に混ざりやすくなります。

※ハッカの濃度に注意

ハッカの濃度が濃いほど、虫除けとしての効果は高いですが、肌についた時に刺激が強くヒリヒリします。

濃度20%程で使用するとお子さんでも使用しやすいです。

個人差もある為、お子さんの肌の弱さに合わせて濃度の調整をしてください。

使用期限や使用頻度に注意

ハッカ水は作ってから3日ほどで使い切るようにしてください。

ハッカ成分は空気に触れると徐々に効果が薄まります。

長い間効果が持続するものではありませんので、散布してからハッカの匂いがなくなってきたと感じたら散布し直しましょう。

登山やハイキングでは、汗で薄まる事も考えると時期にもよりますが1時間おきくらいを目安に散布すると良いです。

その他にも、虫除け成分では『ディート』が有名ですが、年齢による使用の制限があるなど不安があります。

やはり子供に使用するので天然成分のハッカが安心ですね


虫が寄ってくる色『黒』を避ける


もう一つ、虫を寄せ付けない対策は、蜂、ブヨ、蚊、アブなどの危険な虫が寄ってくる色『黒』を避けることです。

蜂はモノトーンの世界で見てると言われてます。
天敵の『熊』の色、黒や赤など黒に近い濃い色に反応します
アブや蚊、ブヨに対しても寄せ付ける色となります。

刺されると危険な虫を寄せ付けない為に、黒や濃い色の服は避けましょう。

※ 虫除けに効果的な色のオレンジ、黄色を身につけるましょう。

逆に効果的な色は白やオレンジ、黄色などの明るい色です。

虫は人間よりも紫外線に近い色を感じる事ができ、紫外線に近い色に反応します。

黄色やオレンジは虫が反応する、紫外線をカットするので効果的です 。


登山で子供の虫除け対策  ②虫に刺されない

2つ目の対策は虫に刺されない事です。
身につけるアイテムや服装で、虫刺されは大きく減らせます。

こちらでは登山やハイキングの際に身につける服装についてお伝えします。

虫に刺されない効果的な服装



帽子
<蜂、蚊、ブヨ対策>
虫除けネットがついていると尚良いです。
蜂に頭を刺される事がありますので、髪の毛の『黒』を隠す役割です。
もちろん日差し除けとしても子供には着用させたいですね。

首にタオル
<マダニ、ブヨ対策>

首にはタオルを装着しましょう。
汗対策としてもおすすめです。

長袖、長ズボン
<虫刺されやドクガ、イラガ対策>

草木や葉っぱで肌を切らない為にも長袖、長ズボンを着用しましょう。
ズボンはデニムだと汗や濡れた時など乾きにくく、重たくなるので収縮性のある動きやすいものを着用しましょう。

長めの靴下
<ヒル、ブヨ対策>

ズボンの裾を靴下に入れるとヒル除けの効果が上がります。

登山靴
<ヒル対策>

山では湿って滑りやすい場所や、石や木の根などゴツゴツとした場所もあります。
滑りにくさや、足の保護としても登山靴がおすすめです。
靴にヒル除けを散布して使用が良いです。

注意点

春、夏はとても暑いので、通気性の良い素材が良いでしょう。
熱中症にならない為にこまめな水分補給も注意してくださいね。

子供の虫除け対策まとめ


今回は、登山やハイキングで子供が虫に刺されない為に行う、簡単な虫除け対策のノウハウをお伝えしました。

もう一度内容の振り返りです。

●虫除け対策のノウハウには次の2つがありました。
1.虫を寄せ付けない対策をする
・虫が嫌いな虫除け成分『ハッカ』を使う
・虫が寄ってくる色『黒』を避ける
2.虫に刺されない対策をする

・身につける服装を気を付ける

子供は肌が敏感で虫刺されでかぶれやすいですよね。

そんな子供を守る為に、登山、ハイキングに行く際はこれらをしっかり準備しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

山でキャンプ、バーベキューの大敵!これしかない!ブヨ(蚋)に刺されない為の虫除け対策

山で遭遇したら危険な生き物13選!自然に生息する怖い生物に注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です